2016年扇風機の賢い選び方と商品まとめ

扇風機

扇風機は安いものだと3千円くらいから買え、高いものだと3万円以上になります。

当然、その価格の間にはたくさんの扇風機の種類が存在するので、いったい自分にとって過不足のない性能の扇風機はどれになるのか、まったく分かりません。

扇風機と言うと、夏にはかかせない家電のひとつですが、風に長く当たっていると体によくないということもあるので、風の質にこだわるのも良い考えですね。

そこで、正しい扇風機選びに大切な性能や品質の違いをざっくりと把握しましょう。

一般的な扇風機

一番手に入れやすい価格帯の扇風機は、ヤマゼンやユアサと言ったメーカーに製品になります。

とにかく安いのがいいという場合は、リモコンなしを。

最低限、リズム風やリモコン操作などを求めるなら、リモコン付きを選びましょう。

ちょっといい扇風機

日本の有名家電メーカーの製品は細かいところまで考えて作られている傾向にあるので、やはり選択基準のひとつとして覚えておきましょう。

こちらの扇風機は、風量(4段階)やリズム風、おやすみ運転など、風のバリエーションが豊富で、首振り範囲も切替して使うことができます。

加えて安価な機種ではできないリモコンでの首振りON/OFF操作が可能。

これくらいの機能が備わっていると、かなり快適に夏を過ごせそうですね。

DCモーター搭載の廉価モデル扇風機

数万円する高級扇風機に必須のスペックであるDCモーターですが、ここ数年メーカーによっては1万円以下でも買える製品がたくさんでてきました。

ちなみに、DCモーターの特徴は、省電力性静音性に加えて、細かい速度調整ができることです。

さらに、速度調整に長けたDCモーターに複雑な形状の羽を組み合わせることにより、とことん風の質にこだわるようになってきました。

上記のアイリスオーヤマのモデルは、首振りON/OFFをリモコンで操作できませんが、手軽にDCモーター搭載の扇風機を体験することができます。

なお、静音性を求めてDCモーター扇風機を買う場合は、首振り箇所の静音性能にも気をつける必要があるので、amazonなどのレビューをチェックするといいと思います。

国内大手家電メーカーのDCモーター搭載扇風機

DCモーター搭載機の恩恵を十分に受けるなら、やはり大手家電メーカーの製品から選ぶのが良いでしょう。

どのメーカーも自然な風を再現したリズム風を作っていますが、パナソニックは人間が心地よく感じると言われている「1/fゆらぎ」を再現したリズム風モードを搭載している点が魅力的です。

さらに、高機能な製品になると、温度センサーで扇風機の速度が変化するものや、ナノイー(パナソニック)やプラズマクラスター(シャープ)などを発生させるタイプもあります。

ただ、ナノイーやプラズマクラスターに関しては、単体で機能する製品があるので、季節家電にわざわざ搭載する必要はないかと思います。

高級DCモーター搭載扇風機

個人的に、DCモーター搭載の扇風機と言えば、バルミューダのグリーンファンだと思います。

予算を気にせずに、とにかく上質な風を感じたいなら、このグリーンファンシリーズが一番のオススメです。

バッテリーを搭載したモデルやミニサイズもあります。

コンパクトサイズのDCモーター扇風機

扇風機は大きくて邪魔と言う人には、小型のDCモーター扇風機がおすすめ。

小型ながら羽を工夫することで広がりのある風を送ることができます。

少人数で使うなら、小型機を選ぶというのもかなりアリな選択だと思います。

まとめ

10年以上愛用していた扇風機の動作音がうるさくなってきたので、扇風機について調べ始めたのですが、さすがに扇風機もちゃんと進化しているんですね。

一般的な認識の多くは、羽なしのダイソンファンだけが進化だと思っているのではないでしょうか。

ちなみに、ぼくは最終的に、最後に紹介した小型のDC扇風機を購入することにしました。

季節家電である扇風機は価格変動が激しいので、価格に納得したら早めに決断すると良いと思います。

※追記 ↓関連性の高い記事を追加しました。

ツインバードDCモーター扇風機コアンダエアを買ってみた
初めて買ったDCモーター搭載の扇風機のやさしい風がなかなか気に入ったので、追加でもう1台購入しました。 今回は、「ツインバード...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする