クロスバイクのスタンドは必要なしだと思う

スタンドのない自転車

スポーツ自転車で有名なメーカーのクロスバイクには、スタンドが付いていないことが多いと思います。

でも、ほとんどの人は競技のために使うわけではないので、別途スタンドを取り付けて使っています。

中には最初からサイドスタンドが装備されたクロスバイクもありますし、ぼくが購入した「momentum Z-3AIR」にも付いていました。

それも購入の決め手のひとつではあったのですが、現在は付属のサイドスタンドを外して使っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サイドスタンドを外した理由

理由は、駐輪する時に構造物にぴったりつけてU字ロックで地球ロックをかけると、サイドスタンドは下げても意味をなさない角度になり、スタンドは跳ね上げたままの状態だったからです。

U字ロックにたるまないので、うまく地球ロックをかければクロスバイクが倒れる心配はありません。

でも、街でみかけるクロスバイクを見ていると地球ロックをかけずに、サイドスタンドで自立しているものをよく見かけます。

これはセキュリティーが甘いだけでなく、風や人の接触でバイクが転倒するリスクも大きく、フレーム、特にリアディレーラーがダメージを受ける可能性が高い止め方だと考えられます。

というのも、一般的なギア付自転車には後輪付近にディレーラー(変速機)ガードが付いているのですが、ちゃんとしたクロスバイクにはこのガードが装着されていません。

「だったら、ディレーラーガードを装着すればいいじゃない」、と思ってしまいますが、実はあえてクロスバイクには装着されていないのです。

※クロスバイクによってはディレーラーガードの装着された製品もあります

それは、なぜかと言うと、フレームに取り付けたディレーラーガードが転倒による衝撃でフレームに伝わり、フレームを痛めてしまうことを避けるためです。

そして、ディレーラーの取り付け部分には、ディレーラーの衝撃がダイレクトにフレームに伝わらないように対策されたパーツがついています。

つまりディレーラーよりもフレームのほうが大切だと言うことです。

しかし、ディレーラーだって繊細なパーツですので、転倒すると壊れてしまう可能性が高く、普通の自転車のように倒れても起こせばなんとかなるということではありません。

それは、ディレーラーの修理交換だけの問題ではなく、破損したのが出先のことだったら家にも帰れなくなってしまいます。

というわけで、間違っても転倒させないためにも、サイドスタンドに頼るのは止めたほうが良いかもしれません。

ちなみに、ぼくのサイドスタンドは300gほどあったので軽量化としても効果的でした。

こちらのU字ロックは、地球ロックにちょうどよいサイズ感でおすすめです。

スタンドなしでも、ちょい止め可能

クロスバイクの場合バランスが良いこともあり、ちょっと止めておきたい時はスタンドを上げ下げするよりも、

リアタイヤやサドル、ハンドルの端などを壁に立てかけておくほうが楽に駐車できるので、スタンドがついている時から、そうやって駐車していることが多かったですね。

ただ、ハンドルは動くので一度うっかり倒してしまいました。奇跡的にほぼ無傷で済みましたけど。

目を離すとあぶないので、あくまでもちょい止め方法のご紹介でした。

でも、ハンドルの端で立てかけるのはけっこう好きなんですよね。

ハンドルのエンドキャップはキズがついてもいいように、プラスティックの製品を使っています。

使い込んでくると、ちょうどBBBのロゴが削れてくる感じですね。

撮影するのに自立させたい

中には出先でクロスバイクの撮影をするために、バイクを自立させたいという場合があります。

そういった場合は、センタースタンドが人気のようです。

安定感はサイドスタンドよりも劣る可能性があるので、あくまで短時間の撮影用程度と考えたほうが安全かも知れませんが。

(バイクによって、取り付け可否があるようです)

おしまい

ということで、クロスバイクの場合、一般的な自転車のようにサイドスタンドがあったほうがいいとも言い切れないと思うのですが、いかがでしたでしょうか。

初めてクロスバイクを買う場合など、スタンドをどうするか迷った時など参考にしてみてください。

追記(2016/07/13)

地球ロックは、ロック販売メーカー等も公式に推奨している行為ですが、路上のガードレール等、非常識な場所での地球ロックは控えましょう。

クロスバイクの取り扱い、マナーについては、各使用者が責任を持って運用しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 俺もクロス乗りです より:

    そもそも地球ロックが常にできる状況ってどうなの?
    そのロック先は公共物だったりしない?
    街路樹やガードレールとか。そこは駐輪OKなの?
    更には私有地のフェンスだったりとか。

    自分の自転車が大事で
    自分の自転車をかっこよくしたくて

    その気持ちはわかるけど
    「スタンド外せ、良い事無い。どこでも地球ロックすればいい」
    を発信するのはどうかと思う

    ただでさえロード乗りは二段階右折無視したりしてマナーがなってないイメージが有るんだし・・
    自分達がどういった目で見られているかを気にした方が良いと思う
    楽しい事やってる時はその空気を他人に共有させがち(このくらいいいじゃんとか)だけど、他人からしたら受け入れられない訳で

    • さわら さわら より:

      コメントありがとうございます。たしかにスタンドがないと止める場所がやや限定されるので駐輪する時に苦労することがありますね。ぼく個人としては道路のガードレール等、迷惑がかかるような場所に止めることありませんし、記事でもそのようなことを推奨することはありません。なので、なくなくスタンド付のシティサイクルで出かけることも多々あるのが現状です。また自転車乗りのマナーについては、シティサイクルを含めて車道での逆走などが多く、少しでもマナーアップすることを日々願っております。微力ながら当サイトでも、自転車のマナーについて発信していけたらと思っています。